▼企業向け
    業務内容ご紹介
デモンストレーター・マネキン派遣
   
    業務実績ご紹介
デモンストレーター・マネキン実績
   
    会社概要
(株式会社SPLご案内)
   
    お問合せ    
  ▼デモンストレーターページ
    デモンストレーター募集概要
デモンストレーター(デモ販)募集
   
    デモンストレーター
よくある質問(FAQ)
   
    デモンストレーターの声
(販売員さんの声)
   
    デモンストレーター応募
(販売員応募ページ)
   
    今月の一押し商品  
    産地レポート    
    個人情報保護に関して    
    リンク    
    トップに戻る    

 
 

   
 
TOP>>今月の一押し商品>>1月号
 
    今月の一押し商品 1月号

ちぢみほうれん草
     
 
ホームページを開始してから早いもので3ヶ月が経過しました。
毎月紹介するはずのこのコーナーも多忙を理由にまったく手をつけず反省しています<(^ー^ι)
というわけで、今回は一般的には、まだ馴染みの薄い(?)
「ちぢみほうれん草」をご紹介します。

SPリブでは「ちぢみほうれん草」を4年前から試食販売でお手伝いをしています。
まず基本的なところで「一般的なほうれん草」と何が違うか・・・って?
「とにかく甘いです!葉が肉厚です!見かけが違います!」
右の上段が「ちぢみほうれん草」で葉先の丸い東洋種になります。一方、下段が「一般的なほうれん草」で葉先の尖った(剣葉)西洋種になります。
「ちぢみほうれん草」は、12月〜2月の冬の霜にさらす「寒じめ栽培」という方法で育てられています。また、一般的なほうれん草と比べて縦には伸びず、横へ地面を這うように葉を広げて育ってゆきます。
見掛けはと言うと正直見栄えはしません。出来の悪いカツラみたいです(^_^;) 
色は緑が濃く、葉は肉厚で霜にさらされることにより、葉がちりちりと縮みシワが入っています。
しかし、霜にじっくり当たったことで、ぐっと甘さが増し、糖度10度以上という野菜とは思えない甘さです。個人的にはこの良さは、おひたしが一番わかりやすいと思います。他にも、ごま和え、卵焼き、みそ汁、うちでは鍋の具材にも使っちゃいます。あと、何と言ってもアク抜き不要なので調理がしやすいのですヾ(´∇`)ノ゙

ちょっとSTOP!ここで1つ疑問!
「こんなにいいことばかりなのにお店で見かけないわね〜?」
と思いませんでしたか?
そうなんです!
現在スーパーに並んでいるほうれん草はほとんどが西洋種のほうれん草になります。
なんで・・・?

ここからは推測や伝聞することになりますが・・・
その昔スーパーではスペースをとる商品は嫌われていたと聞きます。横に広く、葉の肉厚な「ちぢみほうれん草」は、ボリュームはあるが商品陳列しづらいのです(ー゙ー;) また、地面を這うように育つので、泥もついているし、葉もちぢれているので見栄えもしない。他にも西洋種と比較して収量が少なく、冬季限定でお客さんに安定供給出来ないということもあるらしかったです。まぁ、売る側も買う側も本質とは離れた部分で敬遠していたということでしょうか・・・。
しかし、限られた地域でしか栽培されていなかった「ちぢみほうれん草」も日の目を見る時が来ます。ある日、某量販店の仕入担当者が見たこともない作物が畑で栽培されているのを発見しました。興味本位で何かと聞いてみると「ほうれん草」だと言います。しかも、食べてみたら美味しい!こんな商品は売れない訳がないということで、市場に話しを持ちかけて来たと聞きました。

最近では店舗の仕入れ意識や消費者動向も変わり、随分目にするようになった「ちぢみほうれん草」ですが、まだまだ認知度が低いようです。そのせいか、残念なことにうちの近所では見向きもされないで在庫の山という状況を目にしてしまう時もあります(>_<。。) 一度食べたら病みつきになるので、お店で見かけたらぜひ手にとって見てくださいね!
【調理のコツ】
※根は葉に比べ長めに火を通しましょう。
※とてもデリケートなほうれん草です。茹でる時間には十分に気をつ
   けましょう。
※愛情を注ぎましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
TOP>>今月の一押し商品>>1月号